今更聞けない・・・ベンチャー企業ってなに!?

「ベンチャー企業」には明確な定義は無い!

ベンチャー企業という業種に対しては、明確な定義がありません。漠然と、設立から若い会社であることや、インターネットサービスなどの新しいビジネスを展開している会社というイメージがあります。また、カリスマ性のある社長によってさまざまな産業へ進出していく勢いのある若手中心の会社、といった感じでしょうか。「Venture」とは”冒険”や”投機”といった意味があります。ベンチャー企業という使い方は和製英語なので海外で通用する言葉ではありません。日本のベンチャー企業と似たような意味の言葉となると未上場の若い企業に投資を行う「ベンチャー・キャピタル」が最も近いと考えられます。

市場に新しいマーケットを見つけ出す

明確な定義は分からないもののベンチャー企業という言葉の響きやそこから感じる魅力によって、就職を希望する若者は多くいます。では、ベンチャー企業にはどのような魅力がるのでしょうか。まずは、既存の大企業が参入することができないような新しい価値観を見出し、そこを仕事として確立していくことです。小さい企業だからこそ、損失を恐れずに新しい事業を展開していくことができます。市場に新しいマーケットを作り出すことができます。

冒険心や野心をもって意欲的に働くことができる!

ベンチャー企業で働いている人の多くが、創立者を含めて若手が中心となっています。勢いのある気風が特徴です。新しいアイディアをどんどん出していき、それを事業として確立する道を探ります。本人の意欲次第では若くして責任のあるポジションを任されることもあります。経営方針も古い慣習に捕らわれることなく、運営していく会社が多いです。仕事に対して意欲的であり新しいものを作り出していこうという冒険心や野心のある人がベンチャー企業で働くのに向いています。

ベンチャーの転職を行うことにはメリットが有ります。明確にやりたい事があるならばそれを実現できる可能性があるからです。