売り手市場といわれる介護業界で高く評価される人材とは?

介護でも人ではなく、人材が求められる

人手不足が叫ばれて久しく、また人の入れ替わりも激しい介護業界。売り手市場といわれ、就業するのは簡単でも、なかなか働きに見合ったお給金が得られない・・・。そんなイメージを介護の仕事に持っている方も少なくないのではないでしょうか。しかし、雇うほうも誰にでも高い給与を出すわけにもいきません。実際、お給料が安いといわれている介護業界でも、年収500万以上の人は決して少なくありません。では、どんな人が介護の世界で評価され、高い給料を貰っているのか、まとめてみました。

向上心・責任感のある人はどんな業界でも求められる

もちろんどんな仕事でも、未経験の人がいきなり高額な報酬を得ることはありません。ですが、これら二つの資質を持つことは、仕事で評価される上で欠かせないポイントとなります。これから介護業界に飛び込もうという人は、自分が前職でいかに責任のある仕事をこなしてきたかを伝える必要があるでしょう。また、向上心を示すことも大切です。異業種からの転職の場合、新しい業界の知識をどれだけ学んできたかを示すのは、意欲を伝える有効な手段です。

資格を取ったから転職、はダメ!

介護福祉士や社会福祉士、介護支援専門員(ケアマネージャー)など、たくさんの資格が存在する介護業界。「3年以上の経験年数」など、資格取得要件が経験年数になっているものもあります。一つの職場で3年働いて、資格を取得し、ステップアップのために転職を、と考える人も少なくありません。でも、ちょっと待って!ただ資格を持っているだけでは、高い評価を得ることはできません。転職の際にものを言うのは、その資格を活かした経験です。介護福祉士資格を持って、現場のリーダーとして何年勤めてきました、あるいはケアマネージャーと相談員を兼務していました、という経験こそが、求められているものなのです。誰もが持っている資格ではなく、希少な経験こそ、他の人との差別化に成功し、高評価を得る手段なのです。いかがでしたか?人の数よりなにより「人材」が足りていない介護業界。自分だけの経験を活かして、高評価な人材を目指していきましょう!

介護の求人市場は、ケアマネージャーやホームヘルパーなどの資格を持っている人にとっては売り手市場です。