美髪の基本はシャンプーにあり!美容師に聞く正しいシャンプー法

シャンプーの基本は頭皮洗い!

最近、スキャルプ(頭皮)ケアという言葉が徐々に浸透しつつありますよね。美しい髪は健やかな頭皮から生まれるということが、一般にも知られるようになってきましたね。けれども、肌の手入れは念入りにするという人も、頭皮のケアにあたるシャンプーには、あまり気をつかっていない人が多いんですよね。頭皮の毛穴も年齢とともに広がっているので、汚れた皮脂がつまりやすくなるんですね。「シャンプーでこの汚れを取り除かないままトリートメントを頭皮にまでつけてしまうことが、発毛の妨げになることも」と、美容師も言っていますよ。

シャンプーは頭皮につけよう!

重要なのは、「予洗」といわれるシャンプーをつける前の洗いなんですよ。まずブラシで髪をとかして髪のからまりを取ったら、ぬるま湯で頭皮や髪表面の汚れを落としましょう。「これで全体の8割の汚れは取れる」と、美容師も言っていますよ。手にシャンプーを取り、軽く泡立ててから頭皮にのせますが、このとき、髪ではなく頭皮につけるというイメージを持つのが大事ですね。予洗をしていれば、ゴシゴシと強く摩擦しなくても泡が立つはずですよ。

シャンプーを見直すだけで美髪に!

「シャンプーは頭皮を洗う、トリートメントは髪につける」というのが洗髪の基本中の基本ですよ。シャンプー方法を変えるだけで、ボリューム不足の髪もフワッと立ち上がり、ハリ・コシが戻ってくるそうですよ。「髪は1カ月で1センチ程度伸びるので、根元にハリやコシが戻ってくるのが実感できるのは3カ月から4カ月後」と美容師は言っていますね。毎日のシャンプーを見直すだけで美しい髪が育つのですから、毎日の習慣を変えてみませんか?

その腕でヘアスタイルを美しく変化させることができる美容師はとてもやり甲斐のある仕事です。そんな美容師の求人を探すなら、情報サイトを利用してみると便利です。