認知症の介護ストレスを解消できる3つの方法とは

溜まった涙を思いっきり流そう

認知症の親を頑張って日々介護していても、暴言を吐かれたり、殴られたりすることもあります。本当は、悲しくて苦しいのに泣かないでいるとストレスが溜まってしまいますよ。そんな時は、悲しいテレビドラマや映画などを見て、思いっきり涙を流してみてください。特に、夜の時間に泣くようにするのがおすすめです。それは、夜になればメラトニンと呼ばれる熟睡をうながす効果のある物質が体に出やすくなるからです。どんな理由でもいいので、夜泣くようにすれば溜まったストレスが解消できて、きっとすっきりした気持ちになりますよ。

音楽に合わせて体を動かそう

好きな音楽を聴きながら体を動かすようにしてみましょう。それほど長い時間でなくても、5分~10分ぐらいでもいいのです。それだけでも、だいぶストレスの解消ができます。また、歌をうたったり、お経を上げたりするなど、大きな声を出すこともストレスの発散に役立ちます。あるいは、ウォーキングをしたり、ガムを噛むなどの行為も、イライラした気持ちを抑えてくれることがあります。ヨガなどの体操を続けていくのも、気持ちよくてストレスが取れていきます。

スキンシップをしっかりとしよう

認知症であれば、夜中に起きて訳のわからないことを言い出すこともあります。そんな時には、本人をギュッと抱きしめて、「大丈夫、大丈夫」と言いながら背中をさすってあげましょう。ほとんどの場合、それで本人も落ち着きを取り戻します。認知症によってもっとも苦しんでいるのは本人ですから、不安な気持ちになっているようだったら、抱きしめるというスキンシップが素晴らしい効果をもたらします。もっとも介護者のストレスを軽減してくれるのは、本人の笑顔なのです。

介護に就職すると、高齢化社会の環境下において、将来の安定が望めます。介護のニーズは年々増加しており、今のうちから資格を持っておくと、人生設計が充実します。